博多織_2015_2.jpg

​デジタルサイネージ
プロジェクト

​活動期間/2013-2020

地域の伝統産業や商店街の活性化を支援するデジタルサイネージを制作するプロジェクト

​背景

芸術学部で実施された地域振興プロジェクトの成果を、デジタルサイネージを活用して発信することを目的として開始されました。プロジェクトメンバーは映像メディアを専攻する学生であり、大学で学んだ技術や知識を活かしながら、訴求力の高いコンテンツの創出を目指して活動を行っています。