講座風景2015.JPG

​デザイン
ブラッシュアップ講座

​活動期間/2013-2019

福岡県工業技術センターインテリア研究所との合同による、福岡県内の中小企業とのデザインを活かした商品開発を目的とした産学官連携プロジェクト

​背景

福岡県内の中小企業への技術支援を目的に設置された県の工業技術センター。その一つであるインテリア研究所ではデザイン支援を業務の一つとしている。2013年、インテリア研究所が新たにスタートするデザイン支援策「デザインブラッシュアップ講座」に本学芸術学部生活環境デザイン学科プロダクトデザイン専攻・青木研究室の協力が決まり、プロジェクト活動を開始しました。事務局となるインテリア研究所が参加企業を年1回募集し、参加企業、インテリア研究所、本学( 教員・学生) とで一つのチームとなり、参加企業が抱えるデザインに関する様々な課題の解決に1年をかけて取り組みます。講座ではまず、参加企業のデザインに関する課題を詳細に聞き取りながら深掘りしていき、課題を整理、その本質を探ります。その後、具体的な解決策を決定し、アイデア出し・試作( モックアップ) ・ブラッシュアップ・試作( 現物) ・評価などのプロセスを経て具現化を目指します。同時に単にデザイン支援を行うだけでなく、参加企業に対し、商品開発におけるデザイン活用のメリット、その手法、デザイナーとの付き合い方など、講座後もデザイン活用のキッカケとなる知識の習得も目的としました。また学生にとっては、初めて本格的にデザインを採り入れようとする企業との実務を体験、学習するよい機会になりました。